コース紹介


hole8

ティーショットが谷越えとなるホール。左右が受けているが先細りのフェアウエイは、ロングヒッター泣かせで、ティーショットは右サイドバンカー横でフェアウエイ中央からやや左側がベター。
ティーショットを右方向に打った場合、セカンドショットで右からの林がスタイミーとなりやすいほか、左ラフのマウンドを越えると即O.B.となるので注意が必要。グリーン周辺も左と奥は狭くなっているので、引っかけとオーバーは禁物だ。
グリーンは左奥に向かっての独特の形状をした2段グリーンで、左手前にホールが切ってある場合、左奥、右奥からのアプローチ、パットはいずれも急な下り傾斜のため特に難しくなる。