コース紹介


hole6

真っすぐで高低差が20mある雄大な打ち下ろしのホール。
フェアウエイが広く、左右が緩やかに受けているので、ティーショットはセンター狙いで伸び伸びと打てる。セカンドショットで注意したいのは、グリーンオーバーと左カート道方向がO.B.になりやすい点。
左奥、左手前、右の3つのエリアで構成されるグリーンは、複雑なアンジュレーションを作り出し、OUTコースの中で最も表情が豊かともいえる。ピン位置にもよるが、特に左手前にホールが切られている場合は、別のエリアにオンするとパッティングが非常に難しくなる。