コース紹介


hole18

クラブハウスに向かって緩やかに打ち上げていく最終ホール。9番ホールと対称的に左サイドはティーグラウンドからグリーン横までクリークが続く。鬼ノ城シニアオープンにおいても、最もPAR奪取の困難なホールだった。
ティーショットはとにかく飛ばせるだけ距離を稼ぐ。セカンドショットでピンポジションの位置を考慮して、グリーン手前か奥かに打ち分けるためにも、フェアウエイキープが重要となる。グリーン左周辺はバンカーで固められているため、セカンドショットの距離が残った場合は、少し右のマウンド狙いが好結果に繋がることもある。
グリーンは両側にマウンドがあり、急傾斜の受けグリーン。特に右手前にピンがある場合、グリーン右からのアプローチや奥からのパッティングは特に難しく、最後まで気が抜けない。