コース紹介


hole14

距離の短いPAR‐4だがサービスホールではない。ティーショットはバーディー狙いでドライバーを握りたくなるが、左サイドにO.B.区域、フェアウエイを外すと右傾斜ラフで池に続くなど正確な方向性が求められる。ティーショットは確実にフェアウエイセンターをキープできるクラブを選択したい。ティーグラウンドに立つと常にドライバーを握るプレーヤーに、警鐘を鳴らすホールでもある。
さらに面積の狭いグリーンに向けてのセカンドショットは、シビアな方向性と距離感が問われる。グリーンは左右前後に複雑な3段。18ホール中一番きついアンジュレーションで、奥のエリアはほぼフラットだが、左右のエリアは曲者で、高く止まる球でピンポイントに攻める必要がある。

INコース茶店

ゴルフシーズンにはカキ氷を準備してお待ちしております。
カキ氷はINコース茶店のみの販売となります。