コース紹介


hole12

左サイドに池が広がる美しいロケーションのPAR‐5は、鬼ノ城ゴルフ倶楽部で「リスク(危険)&リウォード(報酬)」を最も具現化したともいえるホール。水・樹木・バンカーとすべてのハザードが動員され、プレーヤーの挑戦心を刺激する。
ロングヒッターは、右の林越えにバンカーの先を越えていけば残りは200ヤード前後と2オンも可能だが、安易なショートカット狙いはO.B.となることも多い。刻む場合、ティーショットは右バンカーの左側が狙い目。セカンドショットはコース傾斜が池側に向かっているのでグリーン右手前60ヤード付近にあるバンカー方向を狙う。
グリーンは大きく前後に2段でさらに上段は左右を分ける馬の背がある。奥は受けておらずO.B.までの奥行きも少ないので、ショートアイアンでピンのある面にきっちり止めることが求められる。